Grow "With" You

  • TOP >
  • 生涯教育研究センター

生涯教育研究センター

「大学の開放と社会貢献の理念の基、生涯を通じて教育を受けることができる環境を提供していく」ことの実現に向け、執り行っていくための大学機構の1つです。

センター長メッセージ

教育を受けることは、若者だけに与えられた特権ではありません。
「いつでも」「再び」目の前にある教育チャンスを手にして
人生を違う角度から眺めて見ませんか。

公設民営の大学として創設されて以来18年。九州看護福祉大学は、地域とともに発展することを目的に数々の委員会を中心とした社会貢献と、教育の開放という観念に基づいた活発な活動を展開してきました。その中で、学生のみならずより多くの人々に教育の場と提供しようと平成25年4月1日に設立されたのが「生涯教育研究センター」です。本センターでは、大学を卒業して一度就職しても育児などで離職した看護師などに対し、専任教員によりリカレント教育(生涯教育)と通して高い知識・技術と働く自信を養い、再就職を支援するプログラムを用意しています。また、年間120時間以上の教育・研究事業を行うことで、医療ライセンス有資格者や保健・医療・福祉の領域で地域社会に貢献できる一般社会人の育成にも努めています。熊本県内において生涯教育にここまで力を入れている大学は珍しく、多方面から更なる発展が期待されています。今後も地域に根差した大学として教育環境の充実に努め、超高齢社会への対応に取り組んでいきたいと考えています。

生涯教育研究センター長 肥後 成美

九州看護福祉大学生涯教育研究センター組織図

センタースタッフ

准教授 開田 ひとみ

在宅看護学、在宅看護学実習
研究業績を表示 

Page Top