Grow "With" You

学科紹介:鍼灸スポーツ学科

カリキュラム

鍼灸医学の理論と実践に加え、競技スポーツや、健康づくり支援、介護医療の分野でも活用されている運動指導やトレーニング理論など、時代のニーズに対応した"健康"をプロデュースできるカリキュラムです。

基礎分野

人間と生活の理解 文学 社会学Ⅱ カウンセリング論
心理学Ⅰ スポーツ社会学 比較文化論
心理学Ⅱ 教育学 体育原理
スポーツ心理学 発達心理学 体育
法学Ⅰ 哲学 倫理学
法学Ⅱ(日本国憲法) 経済学  
社会学Ⅰ コミュニケーション論  
ことばと文化 英語Ⅰ 中国語会話 障害者言語Ⅱ(手話)
英語Ⅱ(医療英語) 韓国語会話 中国事情Ⅰ
英会話Ⅰ ドイツ語 中国事情Ⅱ
英会話Ⅱ 障害者言語Ⅰ(点字) アジア文化
科学的思考の基盤 基礎生物科学 人間工学 物理学
公衆衛生学 トレーニング科学 数学
環境衛生学 情報リテラシーⅠ 化学
生命倫理 情報リテラシーⅡ 環境科学

専門基礎分野

人体の構造と機能 解剖学Ⅰ 生理学Ⅱ 運動学
解剖学Ⅱ 生理学Ⅲ(講義・演習) バイオメカニクス
解剖学Ⅲ(講義・演習) 医用工学 運動生理学
生理学Ⅰ スポーツ医学概論  
疾病の成り立ち、予防及び回復の促進 医学概論 臨床医学各論Ⅱ(消化器系・泌尿器系) リハビリテーション概論
病理学 臨床医学各論Ⅲ(整形外科) リハビリテーション医学
臨床医学総論Ⅰ 臨床医学各論Ⅳ(スポーツ障害) 薬理学
臨床医学総論Ⅱ 臨床医学各論Ⅴ(皮膚・免疫系)  
臨床医学各論Ⅰ(呼吸器・循環器系) 臨床医学各論Ⅵ(脳神経疾患・婦人科系疾患)  
保健医療福祉とはりきゅうの理念 医事法規 地域保健論 健康相談論
保健福祉論 学校保健 救急処置法
社会保障論 精神保健Ⅰ  

専門分野

基礎はりきゅう学 東洋医学概論Ⅰ 東洋医学概論Ⅲ 経絡経穴学概論Ⅰ
東洋医学概論Ⅱ 鍼灸基礎理論 経絡経穴学概論Ⅱ
臨床はりきゅう学 東洋医学臨床論Ⅰ 鍼灸安全管理学 はりきゅう理論Ⅱ
東洋医学臨床論Ⅱ はりきゅう理論Ⅰ 鍼灸医学総合演習
社会はりきゅう学 社会鍼灸学
社会鍼灸学演習  
実習(臨床実習含む) 臨床コミュニケーション きゅう基礎実習Ⅱ 鍼灸治療所実習Ⅰ
はり基礎実習Ⅰ 鍼灸臨床実習Ⅰ(内科系) 鍼灸治療所実習Ⅱ
はり基礎実習Ⅱ 鍼灸臨床実習Ⅱ(外科系)
きゅう基礎実習Ⅰ 鍼灸臨床実習Ⅲ(スポーツ鍼灸)  
統合領域 武道(柔道) 社会福祉原論Ⅰ 体力測定・評価
武道(剣道) 生活支援論 体力測定評価法
ダンス(エアロビクスを含む) 生活支援論演習 スポーツ障害の評価
水泳(アクアビクスを含む) 発育発達論 スポーツコンデショニング概論
陸上競技
(ジョギング・ウォーキングを含む)
生活栄養学 スポーツ栄養学
体操(器械体操を含む) トレーニング論 研究方法論
バレー・バスケット スポーツ指導論 卒業研究
ラグビー・サッカー コーチング論 卒業研究論文
エアロビッグ概論 メンタルマネジメント論 国際協力論
エアロビッグ実習 スポーツ経営学 危機管理と災害支援
臨床心理学 健康管理とスポーツ医学 災害支援演習
看護学概論 身体の測定・評価

卒業要件外科目

自由選択科目 アスレティックトレーナー概論 運動器の解剖と機能Ⅱ フィットネスマネジメント実習
アスレティックリハビリテーション論 アスレティックトレーナー専門実習Ⅰ スポーツ医学演習
アスレティックリハビリテーションⅠ アスレティックトレーナー専門実習Ⅱ 運動処方論
アスレティックリハビリテーションⅡ アスレティックトレーナー専門実習Ⅲ エアロビッグ演習
スポーツコンデショニング アスレティックトレーナー専門実習Ⅳ スポーツ外傷・障害の基礎知識Ⅰ
テーピングコンデショニング アスレティックトレーナー専門実習Ⅴ スポーツ外傷・障害の基礎知識Ⅱ
健康教育概論 アスレティックトレーナー専門実習Ⅵ  
運動器の解剖と機能Ⅰ 生活習慣予防学
教職課程科目 教職論 保健体育科教育法Ⅲ 教育相談(カウンセリングを含む)
教育原理 保健体育科教育法Ⅳ 教職実践演習(中・高)
教育行政論 道徳教育論 教育実習(事前事後指導を含む)
教育課程論 特別活動論 教育実習(事前事後指導を含む)
保健体育科教育法Ⅰ 教育方法論  
保健体育科教育法Ⅱ 生徒指導・進路指導論  

鍼灸スポーツ学科カリキュラム一覧(PDF) 

学びの現場

医学的・科学的検証に必要な知識や判断力を養う

理伝統医療、鍼灸を学びつつ、予防医学に寄与するスポーツ・運動理論を合わせて学びます。
医学的・科学的検証に必要な知識や判断力を養いながら、チーム医療の現場で活躍できるスキルを育みます。

【学びの現場1】 はり基礎実習

安全で衛生的な鍼施術を行う為の基礎技術と手技を学びます。講義での知識を身体で覚え、臨床実習に備える大切なステップです。

   

身につくまで何度も繰り返し練習します。

 

実際の手技をデモで観察します。

 

鍼の様々な刺入方法や目的を学びます。

【学びの現場2】 身体の測定・評価

一般的体力やスポーツ傷害の為の測定や評価法を学びます。測定で得たデータや評価された結果は、応急処置・予防対策に活かします。

   

データを分析して必要な対策を検討します。

 

測定評価法を実際の場面を通じて学びます。

 

トレーニング・ゲームを実践していきます。

【学びの現場3】 鍼灸治療所実習

附属鍼灸臨床センターでは、診療見学や診療補助を通して、鍼灸治療の実際を学びます。患者さまへの接し方、所見の取り方をはじめ、現代医学・東洋医学の両側面からアプローチできる臨床力を身につけます。

   

施術はもちろん、鍼灸診療の流れ全体を実習します。

 

受付は患者さまとの最初の出会いの場です。

 

ブースは6つ。少人数制なのでしっかり学べます。

Page Top