Grow "With" You

学科紹介:社会福祉学科

カリキュラム

本学科では、1年次に全員が「基礎演習」を履修。スムーズに大学での学習へと導くほか、地域福祉の現場にふれる機会を設けています。福祉の多彩な領域を理解したうえで、自分に適した福祉の分野を絞り込み、より深く学べるシステムです。

共通科目

共通専門科目

専門科目

教職課程科目(卒業要件外科目)

社会福祉学科カリキュラム一覧(PDF) 

学びの現場

人々の問題を把握し、解決を支援する力を学ぶ

福祉の専門家にとって、人々の思いやニーズを的確に理解するコミュニケーション能力と理解力が大切です。
技術論と共に豊富な演習で、さまざまな場面を想定した実技指導を受け、実践力を磨きます。

【学びの現場1】 高齢者福祉論

高齢者の心身の変化や社会的背景を理解します。さらにディスカッションを交えながら社会システムや支援のあり方を考えていきます。

   

高齢者の暮らし全般を資料等で把握します。

 

高齢者の生活に及ぼす社会的要因を考えます。

 

生活全般に関わる制度や支援を理解します。

【学びの現場2】 相談援助演習

講義で学んだ知識・理論をもとに、具体的な事例などを通して、ソーシャルワーカーとして必要な視点や技能の習得を目指し、小集団で学習に取り組みます。

   

事例について、資料を読み、調べ、学びや気づきを共有します。

 

様々なツールを用いて、情報を整理し、分析を行います。

 

ソーシャルワーカーなどの役になり、実際の支援を想定した訓練を実施します。

Page Top