Grow "With" You

学科紹介:社会福祉学科

地域福祉実践科目群

地域福祉実績科目群イメージ

地域社会で快適な生活を営む権利を誰もが持っています。個人や家族、地域住民の日常的な「くらし」に焦点を当て、社会福祉制度や福祉サービス、社会資源などを活用した支援の方法について学び、「くらし」をより良くするヒントや実践への手掛かりを身につけることで、地域や社会に還元できる力を養います。
また、地域社会にはさまざまな事情で必要な支援を求める手立てのない人が存在します。そうした人たちの状況を理解し、サポートにするために必要な生活保障や生活支援など「くらし」を守るための制度等も学びます。総合的な学習を通して、地域や社会の問題を解決できる実践力を身につけます。

詳しくはこちら

福祉臨床科目群

福祉臨床科目群イメージ

人は一人ひとり異なる個性を持っています。その特徴を「こころとからだ」の面から理解を深め、誰もがその人らしく生きることができるための支援方法について学びます。人間の心理や保健学・医学・看護学の基礎を学び、他の専門職と連携を取りながら福祉の実践家としての立場から、対象者やその家族のくらしを支援する能力を養成することが求められます。そのためには、さまざまな悩みや苦しみを抱えた人の苦悩に寄り添い、共に考えるパートナーとなる必要があります。その人に最適なケアやサポートを提供するために、確かな知識に基づいた判断力と十分なスキルを身につけた、福祉臨床のプロフェッショナルを目指します。

詳しくはこちら

福祉文化科目群

福祉文化科目群イメージ

「くらし」を支える技術や方法論について学び、日常生活の不可能を可能へと導く方法を考えます。例えば、高齢者や障がいのある人々が「くらし」の中で困難に感じる作業も、新しい道具や工学的方法を利用すれば負担の軽減が図れます。そのために「介護」に捉われることなく、より大きな視点から「くらし」や福祉の新しい可能性について考察します。高齢者や障がいのある人だけでなく、すべての人の快適な「くらし」の在り方を考えるため、人権を尊重する豊かな人間性と広い視野とスキルを養成し、福祉の実践家はもちろんのこと、官公庁、NPO、一般企業も含めた幅広い分野で活躍できる人材の育成を目指します。

詳しくはこちら

Page Top