Grow "With" You

学科紹介:リハビリテーション学科

カリキュラム

当学科では、常に時代に対応できる専門職の育成を目指し、人体の基礎的理解から専門的な理学療法まで学んでいきます。
また、研究と臨床のバランスを重視した実践的な教育を行います。

共通科目

人間と生活の理解 文学 法学Ⅰ 教育学
心理学Ⅰ 法学Ⅱ(日本国憲法) カウンセリング論
心理学Ⅱ 社会学Ⅰ 体育
発達心理学 経済学 倫理学
哲学 ボランティア論  
ことばと文化 比較文化論 中国語会話Ⅱ ドイツ語Ⅱ
英語Ⅰ 韓国語会話Ⅰ 障害者言語
英語Ⅱ 韓国語会話Ⅱ 中国事情Ⅰ
英会話Ⅰ スペイン語会話 中国事情Ⅱ
中国語会話Ⅰ ドイツ語Ⅰ アジア文化
科学的思考の基盤 基礎生物科学 生命倫理 物理学
環境生物学 人間工学 数学
情報リテラシー 環境科学 化学

共通専門科目

臨床心理学 行動療法論 薬理学
看護学概論 解剖生理学Ⅰ 医用工学
社会福祉原論Ⅰ 解剖生理学Ⅱ 国際協力論
地域保健論 生活栄養学 危機管理と災害支援
生活支援論 感染症学 災害支援演習

専門科目

専門基礎科目 機能解剖学 運動生理学 精神医学
機能解剖学演習 人間発達学 リハビリテーション概論
解剖生理学演習 病態生理学Ⅰ リハビリテーション医学Ⅰ
解剖生理学特講 病態生理学Ⅱ リハビリテーション医学Ⅱ
解剖生理学Ⅲ 病態生理学Ⅲ リハビリテーション医学Ⅲ
基礎理学療法学 理学療法概論 理学療法評価学演習Ⅰ 日常生活行動学演習
運動学 理学療法評価学演習Ⅱ 生活環境学
運動学演習 運動療法学 地域理学療法学
バイオメカニクス 運動療法学演習 地域理学療法学実習
バイオメカニクス演習 物理療法学 基礎理学療法学特講
統計学 義肢・装具学 研究方法論
理学療法評価学 日常生活行動学  
臨床理学療法学 運動器理学療法学 神経理学療法学演習Ⅱ スポーツ理学療法学
運動器理学療法学演習Ⅰ 神経理学療法学特講 老人理学療法学
運動器理学療法学演習Ⅱ 内部障害理学療法学

がんのリハビリテーション学

運動器理学療法学特講

内部障害理学療法学演習Ⅰ

小児理学療法学

神経理学療法学

内部障害理学療法学演習Ⅱ

小児理学療法学演習

神経理学療法学演習Ⅰ

内部障害理学療法学特講

臨床実習 臨床実習Ⅰ 臨床実習Ⅱ 臨床実習Ⅲ
卒業研究 卒業研究論文    

リハビリテーション学科カリキュラム一覧(PDF) 

学びの現場

身体の構造から、深層心理まで幅広く学ぶ

理学療法士の仕事の中心は、チームで行うリハビリテーション医療。チームのメンバーと的確なコミュニケーションをとりながら、身体機能と心の回復まで支援できる実践力を育みます。

【学びの現場1】 バイオメカニクス

バイオメカニクス(生体力学)では、重力・床反力あるいは、関節モーメントと言った主に力学的要素から身体の運動メカニズムについて学びます。

   

計測用の反射マーカを身体に33個貼り付けます。

 

コンピュータ上で解析、そして考察します。

 

関節に作用する力学的特性について説明しています。

【学びの現場2】 内部障害理学療法学

内部障害理学療法学は、心臓病や糖尿病などの患者さんの運動療法、治療技術、生活指導などを学ぶ科目です。

   

心電図を記録します。

 

スパイロメーターを使って肺機能を測定します。

 

患者さんへの検査結果の説明方法を学びます。

【学びの現場3】 神経理学療法学

脳卒中やパーキンソン病、脊髄損傷など中枢性の病気を中心に必要な基礎知識、病気の理解、評価法、治療法を学びます。一般目標(GIO)と行動目標(SBO)を提示し、対象患者例に対し障がい像を理解し、理学療法士としてどのようにアプローチしていくか学習します。

   

グループにて病気を理解するため、話し合いを行っています。

 

平行棒の中で歩行練習を行っています。

 

脳卒中の模擬患者さまに、三角巾をつける練習をしています。

       

床からの立ち上がり動作を介助・指導する練習をしています。

       
Page Top