Grow "With" You

学科紹介:看護学科

学科長あいさつ

生活者を中心にしたケア いつでも・どこでも・誰にでも

看護学科長 山本恵子

看護学科長
山本 恵子

看護の対象は、病気や障がいがある方だけではありません。おなかの中にいる赤ちゃんから亡くなる方、そしてご遺族までもがその対象となります。このような視点から、本学ではいつでも・どこでも・誰にでもケアが提供できる人材を育成しています。ケアを提供する上で重要なことは、看護の対象となる人の生命・生活・人生です。看護は、治療の支援だけではなく、“患者”である前に生活する人、生活者としてその人を十分に理解することが大切です。そして、対象理解のために科学的根拠に基づく知識・技術のみならず、多様な価値観にも耳を傾けることができる心が求められます。本学では、生活者を中心にした看護実践者を育成するとともに、選択制で保健師課程や教職課程、さらに卒業後には大学院や助産学専攻科など生涯にわたり学べる大学です。みなさんも一緒に学んでみませんか?

Page Top